きょうもちくちく縫ってます。


by oharicofujio

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冬じたく、家族への。

d0173959_21501415.jpg三日まえに生まれた甥っ子に送るはんてんです。船がいっぱいだー!実際に着るのは来年のことでしょうが。いろいろ作ってやりたいなあ、と思っています。

d0173959_21504284.jpgこちらは「ねこ」という不思議なアイテム。実家の母はさむがりで、冬期の出力は60%減。暖房の効きにくい家で、かわいそうなんです。
友人が愛用の「なぎそねこ」を貸してくれたので、それを参考に作ってみました。うすーい座布団を背中にせおうという感じの防寒具です。中には吉祥寺アナンダで購入した真綿をいれました。真綿ってそのままてのひらにのせてもびっくりするくらい温感を感じますね。ふんわり軽くて、あたたかくて、触っているだけでもシアワセになってしまう…。
[PR]
by oharicofujio | 2010-10-31 22:04
d0173959_22315356.jpg

ちらしが出来ました!
夫がせっせとイラストをかき、デザインして、プリントゴッコで刷ってくれました。
丁寧に切り抜くと着せ替えとして遊べる!?


はんてんの制作、がんばらなくては。
イベントの会場でワークショップもやります。
また詳細はお知らせします。
ぜひお誘い合わせて遊びに来てください。
[PR]
by oharicofujio | 2010-10-30 22:40

本間さんの本。

d0173959_21461931.jpg朝から、銀座の月光荘画材店に行ってきました。マンションの上階に住む製本家の女の子が、「記憶の箱」という展示を24日まで開催中。直接ポストに入れておいてくれたDMが素敵です。空想製本屋、本間あずささんは、誰かの大切な1冊を丁寧に仕立て直し、オリジナルなひとつの記憶装置としての本を作る職人さん。素材を吟味し、様々な手工芸の技法を駆使して、その本に持ち主が持っている記憶や思い入れを具体的な形に落とし込んでいく。色や、手触りや、文字の配置…ほんとに見事なんです。展示中、同時に受注もされているそう。興味のある方はぜひ。私もいつか仕立ててもらう一冊を考えておこうかな。
[PR]
by oharicofujio | 2010-10-20 22:20

布好き。

d0173959_204075.jpgはまりました。布好きのこころにずどんと来たこの漫画、着付け師匠の景州堂さんよりお借りしてるのですが…自分で買ってしまうかもです。全ページカラーで、いやテキスタイル部分だけ本物のテクスチャー再現してもらって読みたい!布とか刺繍の糸とかビーズとか触れるまんが!いくらするんでしょうか。馬好きで、中央アジアに自分の本当の故郷がある、と常々主張している夫もはまっていました。森薫の「乙嫁語り」。続きが読みたし。
d0173959_20505193.jpg

ちょっと中央アジアの香りがする?ようなはんてん。2さいから3さいの子に。ブータンの民族衣装とかにもありそう。青緑に黒のストライプのコットンコーデュロイ。

d0173959_20515175.jpgこのはんてんの背中にこれを付けたい…。毛糸でできた鳥の刺繍ワッペン。浅草橋でみつけました。スカジャンみたくなるかな。でも結構高くなってしまうし、どうしようか悩み中。うーん。
[PR]
by oharicofujio | 2010-10-07 21:06

今日も、はんてん。

d0173959_2171455.jpg今日縫ったはんてん。1さいから2さい用。カモシカ、もみの木、雪などのノルディックプリントコットン、裏にはコットンキルティングを合わせてあります。とっくりセーターやパーカの上に着るとかわいいだろうな〜。
d0173959_2173712.jpgそしてこちらは、母に発注していたうさぎの帽子。垂れ耳のうさぎです。ちょっと誰かにかぶってみてほしい。あ、もちろん子供用。

このように着々と出来上がりつつあり…と言いたいところですが、なかなか思うようには進まず、11月末のオハリコフジヲイベントにどのくらい作品が出せるか、ちょっと不安なこの頃。数も、あと質もやっぱり自分が納得するものをお届けしたいので。ああ、時間が欲しい!
[PR]
by oharicofujio | 2010-10-04 21:45