きょうもちくちく縫ってます。


by oharicofujio

一反で。

d0173959_1924257.jpg

柔らかめのしじら(ほんとにこれが好きだな〜、私)一反で、18歳の男の子の、じんべいと、ハーフパンツ、ロングパンツ、あずま袋を縫いましたよ。
肢体不自由なお子さんのものなので、袖ぐりが大きくて着せやすく、涼しいように。
d0173959_19241951.jpg

ロングパンツの裾は外側にやわらかい綿ひもをとおして、絞ったりそのままだったり、調節できるようにしました。
また、車いすの時間も長いので、股上を深く背中まできっちりカバーできるように。
じんべいにロングパンツはお寺の小坊主さんみたいなイメージ。
涼しく、かっこよく、暑い夏を乗り切れますように。
[PR]
# by oharicofujio | 2011-07-06 19:33
d0173959_18334940.jpg


はああ〜…かわいいなあ〜…。
つくづく思いながら、こどものゆかたのひもかざりをちくちく。
期間限定のかわいさです。

布由ちゃん、まもなくお届けしますので!待っててね。
[PR]
# by oharicofujio | 2011-07-02 18:39

手しごと市

d0173959_2014397.jpg

われらが西荻、毎月の恒例行事はいくつかあるのですが、オハリコの楽しみは、毎月第4日曜の手しごと市!!
井荻会館というレトロ建築のなかで、かわいいものや、おもしろいもの、すべて手作りのものに出会えます。
オハリコフジヲ、来月7月24日は手しごと市2階で「ニシオギゆかたまつり!」と銘打って、いろいろやりますよ〜!
着付手帖の販売、ゆかたの着付教室、ゆかたや帯にゆかたまわりの小物販売、ネイルに、あとなんだっけ…?
先日好評をいただいたエクスプレスバッグもほんとにちょっぴり追加販売(予定)。子供じんべいも少し出品します。
また、出品する物ご紹介していきますね。
[PR]
# by oharicofujio | 2011-06-28 20:14

着付手帖、好評発売中。

d0173959_23242429.jpg

今日は夏至、日照時間の長さが過去50年で一番長かった、なんてニュースで聞きました。暑かったですね。じぶんの影が真下に落ちて、容赦なく照りつける日差しにくらくらしましたが。さあ、夏が来ます。
ゆかたを一人で着られるようになってから、夏の楽しみがひとつ増えました。ちょっと夕方近所でビール、とか、地元のおまつり、とか、なんだかんだにかこつけて、ゆかたで出るのです。きれいに着られたら、気分もあがるってものです。
しかし、ひさしぶりに着るゆかた、半幅帯ってどう締めるんだっけ?…なんて時には、オハリコフジヲの着付手帖ゆかた篇の出番ですよ〜。
西荻窪の北口にあるアトリエすゞ途、ギャラリーみずのそら、とりとりにて、ただいま好評(希望!)発売中です。ひとつとして同じ物がない手製の本、お気に入りを探してくださいね。
写真はみずのそらさん。あこがれの作家さんの作品あれこれ販売コーナーに、着付手帖が!!もう…なんというか、感無量です。売れるといいな〜。

d0173959_23243293.jpg
今週26日、日曜日までみずのそらさんでは目片千恵さんのガラスと古森秀夫さんのドローイングが展示されてます。ひんやりした夏の和菓子のようなガラスが素敵です。
d0173959_23245173.jpg
モビールも今日の晴れ渡った空にぴったりでした。
[PR]
# by oharicofujio | 2011-06-22 23:54
d0173959_1213415.jpg
どうやって働くか、ってテーマにはもうずっととらわれています。
大学は出て、いろいろな働き方をして、不本意でもその場その場で求められることに一生懸命応えようとしていたけれど、「私」をどこに置いておけばいいのかわからない…。そもそも仕事ってなんだっけ?

今、じんべいやはんてんを中心に、こまごまとお仕立てをしているのは、規模もほんとうに小さくて事業とは呼べないです。でも、自分の責任で、お客様と対等に向かって、ひとつひとつ納得のいくものを提供させてもらっている、これが仕事です、と誇りたい。

じんべいやの初日の朝に会場に乗り込んでプレゼント用にじんべいを購入してくれたのがこの本の筆者である大宮くん。夫が参加しているフリーペーパー西荻丼のメンバーには、いろいろ購入してもらったり、手伝ってもらったり、宣伝してもらったり、お世話になりっぱなしです。(大宮くんは西荻丼2代目編集長)ものすごくありがたい気持ちに、ちょっともうしわけないような気でいたら、「それでいいんだよ。」とやけに確信的に言ってくれました。イベントが終わってさっそく手に入れた彼の新著を読んだら、同世代のフリーランサーたちの働き方が紹介されていて、まさにこうありたい、気持ちいい生き方がありました。遊びと仕事の境目があいまいになっていく、仕事仲間がお客さんであり友達であり、また逆にもなるような人間関係。効率とかコスト以外にも自分の思想を反映させたものづくりをすることのすがすがしさ。生活を存分に楽しみ、豊かにしていくこと。ご近所づきあいの大切さも。

全面的に共感することばかりで、また、明晰な言葉で読みやすくまとめられてるので、何か、自分のもやもやしていた思いもすっきり整理されてきたような気がしました。勇気がわく一冊!
ぜひお手にとってみてくださいね。
[PR]
# by oharicofujio | 2011-06-12 13:11